レディースキャッシングで借りれる属性って?

女性の方でも、キャッシングを利用する機会というものは起こり得ます。
キャッシング 即日の利用者の男女比は7:3といわれていますが、女性の絶対数も今後増えていくことも十分に予想できます。

しかし、女性の方はお金を借りることにナイーブに感じる傾向にあります。
キャッシングを利用することに抵抗感を覚える女性も少なくないでしょう。
そこで開発されてきたのが、女性専用キャッシング「レディースキャッシング」です。

「レディースキャッシング」の最大の特徴は、担当スタッフがすべて女性であるということです。
受付から電話でのやりとりまですべて女性が担当してくれます。
キャッシングの申込にはプライベートな面を質問されることもあり、男性に対して話づらいこともあるでしょう。
しかしレディースキャッシングでは、すべて女性が対応してくれますので、安心して話をすることができます。

受付が男性だと、何か威圧感的なものを感じて、自分の要求をうまく伝えることができなくなるかもしれません。
しかしレディースキャッシングでは、相手が女性ですので、きちんと説明を行うことができ、自分の主張も伝えることができるでしょう。

ただし、審査や金利などの条件では、他のキャッシングと同様の先がほとんどです。
女性だからといって、審査が甘くなったり、金利が引き下げられるようなことはありません。
一部で女性に対する粗品を用意してくれるサービスがありますが、利用する上での条件は同様であると考えておきましょう。

今後とも女性の社会進出が活発になっていくことも予想されています。
そのようななかで、女性向けのキャッシングサービスも拡充されていくことが期待できるでしょう。

年齢や家族構成はどのように審査に影響するの?

キャッシングの審査において、意外と影響が大きな属性が「年齢」です。申し込みフォームに普通に生年月日を入力することは、本人確認の意味だろうと思っている方も多いですが、生年月日を入力することで年齢がわかりますよね。キャッシング会社は審査の際この年齢について、非常に重視しているのです。

キャッシング会社はキャッシングをするターゲット層を20代~30代と設定しています。これはなぜなのか?というと、若いうちのほうがネットを使ったりと返済方法も多岐にわたり、返済してもらえる可能性が高くなるからです。若いうちのほうがお金を稼ぐことも容易ですし、また自由に使えるお金も多いですので収入の多くを返済に回すことも可能となります。

これが60代になればどうでしょうか?60代でお金に困ってキャッシングをしたわけですから、もしお金を貸したとしても、働き口や方法も若い方と比べてかなり限られてきますし返済に困ってしまうケースは若い方と比べて圧倒的に高くなります。このようなことから判断して、キャッシング審査では年齢は若いほうがより有利とされるのです。

具体的には20代~30代が一番評価が高く、次いで40代、50代と続き、60代と70代に関しては審査に通るのがかなり難しくなってきます。とはいえ、20代~30代のどの方も評価が高いというわけではありません。というのも、自由にお金を使える方と、そうではない方との差があるからです。

ここで影響してくるのが家族構成です。家族構成は年齢ほど審査に大きく影響はしませんが、それでも審査に影響を及ぼす属性の一つであります。例えば同じ20代の方であっても、独身と既婚では自由に動かせるお金には差がありますよね。既婚者になりますと家族を養っているわけですから自分の判断だけでお金を動かすことができなくなります。

またさらに、子供がいる・いないでも大きく変わってきます。子供がいる場合には、養育費、教育費や生活費に割く分が多くなりますよね。そのため即日キャッシングの返済に回すお金が少ない、と判断され、属性の評価は低くなるのです。

具体的には独身で実家暮らしという場合には、家賃も支払わないわけですから一番評価が高くなります。既婚ですが実家暮らしで子供がいない場合も同じくらい評価は高いです。そこで子供ができると、評価が一段低くなります。意外なのが、既婚で実家を出ていて子供がいないという方よりも、独身なのに実家を出て一人暮らしという場合の評価が悪いことです。

自由に使えるお金も多そうなのに、なぜこうした方の評価が低いのか?というと、理由としてはこうした方の場合引っ越しなども多いため、居場所が固定化されておらず連絡がつかなくなるケースが多いからなのです。こうした方は、実家暮らしの方と比べて家賃の支払いなどもありますから自由になるお金もその分少なくなります。20代~30代でしたら一人暮らしでも審査は通りますが、これが40代、50代となっていきますと審査は一層通りにくくなっていきます。

関連記事